Official Blog

サイクルドリーム

5月に開催される「サイクルドリームフェスタ2017」に参加します。
試乗車もあります。
皆様のご参加をお待ちしております。

会 場:聖徳記念絵画館前通り(東京都新宿区霞ヶ丘町)及び周辺道路
JR「信濃町駅」より徒歩 5 分
都営大江戸線「国立競技場駅」より徒歩 5 分
東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」より徒歩 10 分

日 時:平成 29 年 5 月 5 日(金・祝) 午前 10 時~午後 4 時 ※荒天中止

URL: http://www.bpaj.or.jp/cyclefesta2017

No Comment

Read More >>

IMG_6248

4月15・16日に行われる展示会「SAFRA BIKE FAIR 2017」に5LINKSが出展されます。
日時:4月15・16日
場所:シンガポール SAFRA Yishun, Lobby & Atrium,Singapore
URL:http://www.safra.sg/participate/safra-yishun-bike-fair#.WPBSpIjyjIV

お近くにお寄りの方はどうぞご来場ください。

No Comment

Read More >>

IMG_5247

IMG_5221

去る3月22日ー25日に台湾・台北で行われた、「台北国際自転車展示会」に参加いたしました。
期間中、今年の台湾は日本ほどではありませんでしたが、昼間気温13-15度程度で、天候も雨天が多かったです。
台北市内には、新幹線の延長(台北ー南港区間)、桃園空港から台北駅までのMRTの開通のほか、幹線道路に最近広い歩道を利用して、「自転車専用レーン」が作られつつあります。
交通サービスがさらに充実してきました。

IMG_5252

さて、展示会の内容です。
ブースは例年利用させていただいている、南港会場4FのJAPANブース(日本自転車産業振興会さんの確保しているブース)でした。

IMG_5235

IMG_5230

IMG_5219

当ブースにはアジアを中心として、アメリカ、イギリス等のヨーロッパの方も訪れていただき、盛況の展示となりました。
開発中の700cも早く商品化をしたいと思います。

IMG_5262

No Comment

Read More >>

taipei show banner

今年も、我が社は4回目の出展となる、「台北国際自転車展示会2017」( Taipei International Cycle Show2017)に参加いたします。
今年の会期は、例年の3月上旬ではなく下旬です。

期間:2017年3月22~25日
会場:台北南港展覧館1館
住所:台灣台北市11568南港區經貿二路1號

思い返せば我々の初回の参加は、南港の本会場に出展できず、別会場(台北101隣のホール展示場)での出発でした。
1階が「フィットネス展」を行っており、その2階の天井の低いあまり広くないフロアでした。ネジやワイヤーなどの小物の1小間ブースが多く、「秋葉原のジャンクショップ長屋」みたいな雰囲気でした。
観光では有名な「台北101」と言えども、台北ショーの本会場からバスで15分ほど離れていましたし、自分が5LINKS開発当初に探していた台湾の完成車・フレーム工場は、すべて南港の本会場に出展していましたから、不安は募りました。
それでも、そのフロアに出展する多くの台湾自転車業者さん(主にパーツ屋さんでした)と名刺を交換し、今となっては大きな財産となっておりますが、、最初は、「こんな場所にしか出展できなくて、海外進出は大丈夫だろうか??」との思いがあったのです。

幸いなことに、2回目より「日本自転車産業振興会」さんが援助してくださる、南港本会場の4F(主に完成車のフロア)の日本展示場(通称JAPAN BOOTH)に入れていただくことができ、小さいながら、「大ブランドメーカーと同じ土俵」に立つことができた訳です。
現在、少量ながら南アジアを中心にお取引の道ができた礎となったのです。
!!自転車産業振興会さんに深謝!!です。

今年は去年までの「折り畳み5LINKS2」以外にも、開発中の「折り畳み700C」を投入する予定です。少しづつ、出展の規模を大きくしていきたいのです。
同時期、台北に出張・観光の際は、当ブースに是非ご来場ください。


We will join to the Taipei International Cycle Show.

Schedule : 22~25 March, 2017
Place : Taipei Nangang Exhibition Center, Hall 1
Address : No.1, Jingmao 2nd Rd., Nangang District, Taipei City 11568, Taiwan
URL : https://www.taipeicycle.com.tw/

 

No Comment

Read More >>

IMG_4638
(北の丸・清水門)

去る21・22日、東京、皇居北の丸にある科学技術館で行われた「ハンドメイドバイシクル展」に参加しました。
期間中、会場天気は快晴。皇居江戸城のたたずまいは、ごちゃごちゃとした東京の中心部にあるにも関わらず、素晴らしいの一言です。


 
さて、今回5LINKSは初参加でしたが、期間中の来場者が過去最高であったこともあり、大勢のお客様が当ブースにも訪れました。

IMG_4614
(開場前のブース)

5LINKSブースでは、現在販売中の5LINKS165・169・161の展示の他、当初予定であった新開発700cモデルのフレームが完成せず、同時開発中の新機構ハブを投入しました。
大勢のお客様に興味を抱いていただき、また、開発途中であるにも関わらず、いろいろなご意見をいただき、大変有意義な展示会となりました。

IMG_4628

IMG_4616

IMG_4624

IMG_4623

No Comment

Read More >>

HMB

来る2017年1月21(土)・22(日)日に行われる「2017ハンドメイドバイシクル展」に参加します。
5LINKSは初めてのブース参加となります。
(正確には、5年ほど前に同展示会の「オモシロ自転車試乗コーナー」に参加したことがございます)
開発中の700cを出展できればと考えております。
ご来場をお待ちしております。

科学技術館:東京都千代田区北の丸公園2番1号
主 催:自転車文化センター
展示期間: 平成29年1月21日(土)、22日(日)  入場無料
日 時:9時30分~16時50分

http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/

hmb2

hmb3
(写真は2016の展示会より)

No Comment

Read More >>

IMG_4272

silk bike

サイクルモードも盛況に終了いたしました。
興奮も冷めやらぬうち、引き続き当ブース展示品の紹介です。

絹自転車製作所、(シルクサイクル:埼玉県)
http://www.silkcycle.com/

1960年代、日本の自転車でオリンピックに挑戦した「シルクサイクル」の名を再び冠し、さまざまな種類の自転車を製造する絹自転車製作所のA氏。
私にとっては「師匠」と言わせていただいている立場の方です。
学生の頃より自転車競技活動で活躍し、
自転車の歴史、構造、材料、製造、新しい製品の開発等、自転車にかかわるハードの面のほか、業界、製造工場、個人小売り店から大メーカー、量販までを渡り歩き、企画、マーケット、販売経営、アフターフォローまで、自転車にかかわることは細かいことすべてに精通している方です。
すなわち、現代における、自転車業界の百科事典のような方ではないでしょうか。

そのA氏が、今回のサイクルモードに関し、突然「お宅のブースで展示してほしいもんが1台あるんだけど」と言われたのです。

「??彼の製造したスペシャルな自転車?なぜうちに?ハンドメードバイシクルコーナーにでも展示すればいいのに。。??」と、少々不思議に思いましたが、お見せしていただいたものは、、、
H×W×D:100×60×60㎝位のロボットのようなものでした。

14947503_1391119557595508_7073567277556359033_n

15032168_1391119570928840_971223009107969334_n

「何ですか?これは」という私の問いに、
「これはね、電動アシスト自転車用の作業台」
と言って、15分位とうとうと、作業台に関しご教授いただきました・・・・

要約すると
・日本の自転車市場では、近年、電動アシスト自転車の需要が急速に増えている。
・よって、既存のお店で、電動アシスト自転車を取り扱う小売店も増えている。
・しかし、電動アシスト自転車は、一般の自転車に比べ重い。
重いものは30kgになる物もある。
・これに対する整備作業環境はあまり良くない。
すなわち、一般の小売り店のバックヤードは一般車用に狭い場合が多く、大きな作業台は設置できないため、従業員は、無理を承知で、重いアシスト自転車を、自身で持ち上げ下し、腰を痛めるケースが多い。
・場合によっては「労災」扱いになる故障にもつながる。
・今までにも、重量車用の作業台は販売されているが、構造が複雑で大きなものである。

・そこで、作業者の作業負担を軽減するために、省スペースの「電動アシスト自転車用、油圧式作業台」を作製した。

とのこと。。。
「自転車好きの自転車屋が、自転車で体壊しちゃカワイソウでしょ」
なんとも、プロの方々には福音の話ではないでしょうか。
シブい、シブいけれども新しい..!
業界の内情に精通したA氏ならではの、愛情あふれる作品です。

IMG_4228

希望小売価格は15万円程度になる予定だそうです。
お問い合わせは、5LINKSも扱っていいただいている卸会社

㈱エンマバイシクルワークス へ。
http://www.enma-bicycle.co.jp/top.html
〒343-0824 埼玉県越谷市流通団地1-1-9
TEL 048-961-8470 / FAX 048-961-8471

No Comment

Read More >>

cycle mode1

ついに始まりました、サイクルモードです。
金曜は、主にB to B day と思っていましたが、お天気が良かったのか、午前中から一般の方も含め、お客様が結構いらっしゃいました。
やっぱり、さすがはサイクルモードショーです。

今回から、個別に当ブースで出展しているブランドに関し、説明を少し・・

orbit2

ORBIT DESIGN(ホイールセット)

今回、初参加の、ORBIT DESIGNは、自転車生産国、台湾のニューカマーです。

残念ながら、我々日本は時代の流れによって1980年代を境に「自転車王国」の座を明け渡してしまい、現在、世界中のミドル・ハイエンドの自転車の90%以上は、台湾もしくは台湾資本のメーカーが生産していることは周知の事実です。

我々の目には、台湾の自転車と言えば、例えば「GIANT」や有名なブランドだけが目につきますが、自転車は数百のパーツから構成されていますので、その裾野のパーツメーカー群を、おそらくは千社以上抱えているということです。
もちろん、さらに裾野の裾野の部品は、製造コスト上、中国や南アジアの会社の生産であることもありますが、組み上げの関係上、結局のところ目ぼしいパーツは、台湾国内に集約されてきます。
台湾主催の展示会に足を向ければ、その姿・すそ野の広さの一部をかいま見ることができます。

自転車という産業に限らず、一般の工業は、その裾野の広さによって、頂点に立つ完成品ブランドの位置決めが決まると思います。

例えば、自動車であれば、日本は現在自動車王国と言われ、自家用車のほかトラックバス等も入れれば、14-15社の名の通ったメーカーが国内に存在します。
小さな国なのに、こんなにメーカー数が多い国は、世界のどの先進国にもないはずです。
しかし私は、そのブランドではなく、裾野に注目します。
日本には、完成自動車メーカー以上に、自動車業界で世界的に有名な部品メーカーが沢山存在します。
ユーザー目線では、ドイツのM社やB社、W社などのほうがハイスペックの車を作っているという方もありますが、それらの会社の部品のうち、本当に高品質が求められる部品の多くは、日本製もしくは日本の素材製、OEであるはずです。
すなわち、自動車における日本ブランドの立ち位置は、「下請け自動車部品会社」と言われる裾野の広さ・厚さと、その技術産品の高品質がそれを支えていると考えます。

振り返って、自転車であれば、やはり、現在の台湾の自転車産品の裾野はとっても広く、重層的であると思います。

では、このような事態が続くとどのようなことが起きるか?
という、良い例が、今回出展している「ORBIT DESIGN」社であると思われます。

突然変な例ですが、
毎日毎日、数少ない食材しか食べない生活をずっと続けている国では、国民の生涯の食生活は皆、質素になるでしょう。
しかし、毎日の食生活が豊かであると、面白いメニューやレシピを考え始める人が、自然発生的にぽつぽつ出てくる。
最近話題の「日本のラーメン文化」などはこれを代表していると思います。。。
豊かな食生活環境が、斬新で面白い「味」を創造している。

自転車王国の中で、沢山の情報や製品環境の中にどっぷりつかって生活しているエンジニアは、いろいろなものを見て観察しているうちに、取捨選択の上で、的確に「新しいもの」を自然体で発想・創造していくことができる。
そしてスモールビジネスを何の抵抗もなく立ち上げる。
別に、大メーカーではないけれど、周りの設計、製造や、テストにかかわる環境をフルに使いながら、少ない労力で、最適なものを作り上げられる。

そんな、知恵とエッセンスが、ORBIT DESIGNの商品の中には随所に織り込まれています。
この会社の得意分野は基本的に、コンピューターを駆使した、設計と生産品の分析と解析です。

orbit1

まず、そのコンセプトは、ハブ、スポーク、リムそれぞれのパーツが高性能であることは基本ですが

*ホイールをハブ、スポーク、リムの一つ一つのパーツとして、スペックを考えるのではなく、「ホイールセット」を3つで構成されている「一塊のモノ」として性能を発揮するように考えて、すべてを同時並行的に開発していること。

もちろん最近の、ヨーロッパを中心とするレースシーンでは、この考え方が主流になってきているようですが、発想の出発点が違うように考えます。

ヨーロッパでのレースシーンでの「ホイールセットを一塊のモノと考える」という流れは、
まず、高性能なハブ会社が軽量でスムーズなハブを作っていたという歴史があり、
次に、リム会社も、軽いリムを作った。さらに、それらを軽いスポークでつないでみた。

しかし、後輪のスポーク長は左右非対称だし、車輪全体のパワーバランスをどうとるか?単体では高性能と言われるハブとリムとスポークの組み合わせたはずなのに、何故かレースのタイムに出来不出来ができてしまう事実に対して、ようやく、「ホイールセットを一塊に考えて性能を出そう」という流れが起き始めた。

すなわち、各パーツをそれぞれ別のパーツメーカーからの供給を受けて組み上げる習慣に基づいた「歴史的事実」がレースシーンで問題を提起してしまい、それの対応として上記の発想が出てきたということです。

一方ORBITでは、台湾国内で生産されるいろいろなパーツと、作り出される組み合わせを眺めていて、初めに
「なんで、車輪一塊で性能を向上させるよう、あらかじめ設計しようとしないのだろう・・?」
という、疑問が開発の原点となっている。
先入観・分け隔てなくいろいろなパーツの解析・分析をする人らしい目線です。

各パーツのメーカー内にいたエンジニアや、供給されたものだけを組み合わせていた現場の人ではなかなか発想ができない視点を、生産国の利点を生かし俯瞰的に観察していたのです。

実際に、ORBIT社のハイエンドホイールセットの、各パーツはどれも高性能ですが、とくにスポークの部分は見た目にもわかりやすく非常に特徴的です。

すなわち、カーボン製の上、極細で超軽量。一般の方はそのスペックに目が行きがちですが・・・
カーボンスポークの軽量化と高剛性を主眼に作られている他社のレース用カーボンエアロスポークとは異なる性質を持っています。

orbit3

実際に見ても、一般に他社のカーボンスポークよりかなり細く、このことで、長時間のハイスピードライディングに於いては、空力特性の恩恵を大きく受けられます。すでに、社内の分析テストに於いて、最近の太いエアロカーボンスポークより、総合的な空気抵抗の値が低いことが証明されています。

さらに、このカーボンスポークは、本来の特性である「引き」に対し強い性質を持ちながら、さらに「押し」に対して、しなりを持つよう設計されているので、加速に対してはリニアにパワーを伝達できる反面、ホイール全体ではショックアブソーバー効果が得られるため、太いエアロスポークのホイールセットより、長時間ライドに関し疲労の軽減につながるようになっています。

何故こんなに細くできるの?との疑問には、「あらかじめハブ、リム、スポークを一塊として設計を開始し、バランスよく、いろいろな仕掛けを入れ込んで製作してるから、、」という答えが自然に出てきます。

orbit4

すなわち、ヨーロッパテイストのプロダクトとは異なり、筋力が大きな人が、軽く・硬く、パワーを効率よく伝えるという目的のコンセプトだけでなく、アジア人的な「柔良く剛を制す」という、非力なライダーのレースシーンにアドバンテージを与えてくれる設計なのです。

私たちは、一般に商品を、外見的なデザインやブランド、重量等のスペックの面だけから評価しがちなので、「どのようなコンセプトでこのようなデザインにたどり着いたのかしら・・・」という点を思考する事を見落としがちです。
ORBITのデザインは、その開発視点や開発者の才能のみならず、生産王国の環境が一つの大きなきっかけになっているとも考察できます。

豊かな生産環境のゆりかごの中で、プクプクと泡のように醸成される、斬新な創造・・・
「台湾国 ホントに恐ろしや」そんなことを考えさせられてしまうデザインなのです。

かたや私は「ゼロ戦」が「ワイルドキャット」を駆逐する・・・そんな、日本の二時代も昔のことに思いをはせながら、
日本にも再び、将来こんな自転車の開発環境ができればいいのにな・・などと少しうらやましさを感じてしまいます。

No Comment

Read More >>

cycle mode1

IMG_4227

今週はついにサイクルモードショーです。
私たちにとっては、今回が8度目の参加となります。
当社は、全くのベンチャービジネスとして事業を開始しましたが、少しづつ「輪界」にもお知り合いができ、今年の当ブースは少しにぎやかです。

当社ブースの展示物を少しご紹介すると、、、
1、5LINKS161 :展示と試乗
新しく、シンプルなシングルモデル、161の登場です。カラーはMILK(アイボリーホワイト)一色ですが、客さんの好みで、ステッカーを4色選ぶことができます。

161milk1
(84240 円税込)

2、5LINKS165新色:Kuro/Kinの展示
165シリーズにKuro/Kinの新色が登場です。キリッと締まったニューカラーです。

165kuro1
(113400円税込)

3、5LINKS700c:開発 概要と、新開発ロードハブの展示
5LINKSは、まったく新しいコンセプトジャンルの折り畳みロード700cを開発中です。
そのコンセプトと、イメージビデオ、ニューコンセプトハブを展示いたします。

saikurumo-do

4、ORBIT DESIGN:軽量ロードホイールの展示
5LINKS折り畳み700cのハブを開発していただいている、台湾のニューカマー、「ORBITDESIGN」の初出展です。ニューアイデア、超軽量で、カスタマイズ可能なハイエンドロード用、ホイールセットを展示いたします。

orbit1

http://www.orbitdesign.com.tw/English/index.php

5、SILK(絹自転車):電動アシスト自転車用作業台の展示
今回シルク自転車からは、コアな商材の展示です。プロユースの「電動アシスト自転車向け作業台」です。
日本の小売店さんの小さなスペースなバックヤード向けに、作業者の腰の負担をうんと軽減する、コンパクトな作業台です。電動アシスト自転車の需要が増す、健康に気をつかう日本の自転車屋さん全てに朗報です!

IMG_4228

6、BICYCLE GIFT:自転車にかかわる小物アクセサリーの展示
今年も登場します。女性から男性まで、自転車にかかわる「小物・グッズ」の専門店です。ユーザーの方のみならず、お店の商品としても、面白いものがいっぱいです。

IMG_4229

http://www.bicyclegift.co.jp/

等です。

各社、この世にまだない新しいものを、創造しようとしている会社ばかりです。
新し・おもしろいものが、当ブースにありますよー。

No Comment

Read More >>