Official Blog

pedalwheelers

マレーシアのクアラルンプールで5LINKSが販売され始めました。
南アジア・エリアにフォローアップの拠点がまた一つ追加されました。
シンガポール・タイ・香港・台湾・韓国に続き6カ国目です。
マレーシアにご出張、もしくは輪行される方は是非お立ち寄りください。

マレーシア

stickerMARAYSIA  1

Pedal Wheelers Ventures

B2-2-2, Solaris Dutamas, No. 1 Jalan Dutamas 1,
50480 Kuala Lumpur, Malaysia
Call: +6012 207 6580

http://pedalwheelers.com/

<5LINKS also began to be sold in Kuala Lumpur of Malaysia, which means that you got another follow-up base in Southern Asian area. Please drop by when you go to Kuala Lumpur on business trip or on cycling tour.>

No Comment

Read More >>

IMG_6248

4月15・16日に行われる展示会「SAFRA BIKE FAIR 2017」に5LINKSが出展されます。
日時:4月15・16日
場所:シンガポール SAFRA Yishun, Lobby & Atrium,Singapore
URL:http://www.safra.sg/participate/safra-yishun-bike-fair#.WPBSpIjyjIV

お近くにお寄りの方はどうぞご来場ください。

No Comment

Read More >>

IMG_5247

IMG_5221

去る3月22日ー25日に台湾・台北で行われた、「台北国際自転車展示会」に参加いたしました。
期間中、今年の台湾は日本ほどではありませんでしたが、昼間気温13-15度程度で、天候も雨天が多かったです。
台北市内には、新幹線の延長(台北ー南港区間)、桃園空港から台北駅までのMRTの開通のほか、幹線道路に最近広い歩道を利用して、「自転車専用レーン」が作られつつあります。
交通サービスがさらに充実してきました。

IMG_5252

さて、展示会の内容です。
ブースは例年利用させていただいている、南港会場4FのJAPANブース(日本自転車産業振興会さんの確保しているブース)でした。

IMG_5235

IMG_5230

IMG_5219

当ブースにはアジアを中心として、アメリカ、イギリス等のヨーロッパの方も訪れていただき、盛況の展示となりました。
開発中の700cも早く商品化をしたいと思います。

IMG_5262

No Comment

Read More >>

タイ3

最近、私はイロイロな通信媒体を使っているので、混乱または、忘れることが多いのです。
単に年齢のせいですか・・・
タイのディーラーさんが、インスタグラムに、ちょこちょこと写真をアップしてくれているのに、全然フォローしていませんでした。
お店だけでなく、グリーンなところにも、5LINKSを連れ出してくれているのですね。
近々に台北ショーなので、御礼を申し上げなくては、、、

タイ1

タイ2

タイ4

No Comment

Read More >>

5Links EDM


 

シンガポールの卸業者より、マレーシアのプロモーション用の情報が送られてきました。
そういえば、マレーシアはシンガポールと地続き(ジョホール海峡という小さい海によって隔てられていますが・・)お隣の国だし、国土はずっとシンガポールより大きいからですね・・・

ところで、資料中に「日本語」がいくつか書かれていますが、これは日本の広告で「英語」をデザインに入れ込むのと同じ効果なのでしょうか??不思議な気持ちです・・・

 

No Comment

Read More >>

IMG_4984
(台中駅近辺)

2月9-11日まで、台湾に出張いたしました。
発注等、出荷等でご迷惑をおかけいたしましたこと、申し訳ございませんでした。

今回は台中エリアを中心に、仕事を行いました。
出発日の9日は東京でも朝、雪が降るほど寒く、「台湾は暖かいのでは?」と期待しましたが、昼間気温が13度程度で、夜間は10度を割り、寒い旅となりました。
台湾の方はさすがに寒がりが多く、皆コートを着ていました。
そうはいっても、南の島の台湾では、二毛作でお米を作るため、田園では、すでに田植えが行われていましたし、菜の花が見られたり、春の様相も認められました。
IMG_4971

IMG_4981

一方、今年は1月末が「台湾旧正月」となっており、工場等の職人さんは2月15日までお休みだそうで、なんとものんびりした雰囲気でした。
訪れた南投の町では、夜に「南投燈會」というランタンフェスティバルが行われておりました。台湾では各地で行われているようで、日本では最近「天燈」というランタン飛ばしのお祭りがテレビコマーシャルで放送されたりして有名です。
南投のお祭りは盆の精霊流しや、ねぶた祭りのように、固定した紙の灯篭を飾る祭りでした。
自治体や企業の協賛で灯篭を飾るそうで、5LINKSも成功したら、自転車型の灯篭を出展しようと思いました。

IMG_4899
(今年は酉年、巨大な鶏の灯篭)

IMG_4908
(オールドスタイルの提灯展示)

IMG_4918

IMG_4875

IMG_4878

台中のエリアを車で走ると、以下のような「自転車専用レーン」の標識を目にします。
現在台湾中でどんどん作られており、最終的には、台湾をぐるっと一周できるようになるそうです。台湾スゴシです。

IMG_4977

台北国際自転車展示会を来月に控え、開発・販売等の仕事を終え、無事帰国いたしました。

No Comment

Read More >>

taipei show banner

今年も、我が社は4回目の出展となる、「台北国際自転車展示会2017」( Taipei International Cycle Show2017)に参加いたします。
今年の会期は、例年の3月上旬ではなく下旬です。

期間:2017年3月22~25日
会場:台北南港展覧館1館
住所:台灣台北市11568南港區經貿二路1號

思い返せば我々の初回の参加は、南港の本会場に出展できず、別会場(台北101隣のホール展示場)での出発でした。
1階が「フィットネス展」を行っており、その2階の天井の低いあまり広くないフロアでした。ネジやワイヤーなどの小物の1小間ブースが多く、「秋葉原のジャンクショップ長屋」みたいな雰囲気でした。
観光では有名な「台北101」と言えども、台北ショーの本会場からバスで15分ほど離れていましたし、自分が5LINKS開発当初に探していた台湾の完成車・フレーム工場は、すべて南港の本会場に出展していましたから、不安は募りました。
それでも、そのフロアに出展する多くの台湾自転車業者さん(主にパーツ屋さんでした)と名刺を交換し、今となっては大きな財産となっておりますが、、最初は、「こんな場所にしか出展できなくて、海外進出は大丈夫だろうか??」との思いがあったのです。

幸いなことに、2回目より「日本自転車産業振興会」さんが援助してくださる、南港本会場の4F(主に完成車のフロア)の日本展示場(通称JAPAN BOOTH)に入れていただくことができ、小さいながら、「大ブランドメーカーと同じ土俵」に立つことができた訳です。
現在、少量ながら南アジアを中心にお取引の道ができた礎となったのです。
!!自転車産業振興会さんに深謝!!です。

今年は去年までの「折り畳み5LINKS2」以外にも、開発中の「折り畳み700C」を投入する予定です。少しづつ、出展の規模を大きくしていきたいのです。
同時期、台北に出張・観光の際は、当ブースに是非ご来場ください。


We will join to the Taipei International Cycle Show.

Schedule : 22~25 March, 2017
Place : Taipei Nangang Exhibition Center, Hall 1
Address : No.1, Jingmao 2nd Rd., Nangang District, Taipei City 11568, Taiwan
URL : https://www.taipeicycle.com.tw/

 

No Comment

Read More >>

IMG_4377

シンガポールの自転車雑誌に紹介されました。
雑誌の表紙を飾れたのがとてもラッキーでした!!
初代5LINKS1が2010年に「GOOD DESIGN賞・中小企業庁長官賞」をいただいた時以来と思います。

記事・広告としても掲載されています。
広告文に「日本語」が使われているのは面白いです。
私はシンガポールに未だ行ったことがないけれど、マーライオンのそばを5LINKS走っているのかしら・・?
不思議な気持ちです・・・

IMG_4381

IMG_4382

5LINKS was introduced in the Singaporean bicycle magazine. Amazingly it made the cover!
We are as much excited about this as early 5LINKS got the 2010 Good Design Award of Small and Medium Enterprise.

The articles and the advertisement also run in the magazine.
Quite interesting ”Japanese ” are used for the header.
Although I have not been to Singapore yet, very thrilled imaging 5LINKS passing by the Merlion! Fantastic!

No Comment

Read More >>

ポンピドーセンターからセーヌ川の河畔に向かって走ろうとすると、すぐに、路地に面した古い教会が見えてきました。
「Eglise Saint-Merri」(セントメリー教会)だそうです。扉が開いているので中を覗いてみると、広く荘厳な空間でした。東京に、セントメリーというミッション系スクールがあるのは、ここの支流なのかしら??
壁にすごい彫刻がしてあります。

IMG_3841

IMG_20161005_144752
(大きいなー・・しばし無言)

旅の無事を祈り、再び走り始めると、ついにセーヌ川河畔にぶつかりました。
たぶん、自転車レーンがあると思う、と思っていると、橋のたもとの車道から、階段で降りていかねばならないのね・・・

IMG_20161005_145428
(階段の下はカフェみたいになってるけど、自転車担いで降りて行くしかないじゃん??こういう時5LINKS便利ですね・!)

IMG_20161005_145554
(セーヌ川、水がきれいだけど、おもったより大きな川じゃないね・・)

エッフェル塔が小さく見えてきたので、河畔の自転車ロードを快走。気持ちいいねー、川沿いの道沿いにもいろいろなイベントをしているのね。

IMG_20161005_145733
(CAP/COP22だって、そういえば確か4-5年前COP21の横浜シンポジュウムに5LINKSでチョット参加したなー、いろんな事してたなー・・・)

自転車レーンが工事中で行き止まりになったので、また階段を車道まで上がらねば・・

IMG_3853
(オ、左の手すりにたくさんくっついている鍵は、有名な「愛の南京錠」か??)

階段上がり切ったら、目の前の建物に、「MUSEE DU LOUVRE」って書いてある。。
建物が道沿いに延々と伸びているけど、これって「ルーヴル美術館」??

IMG_3855

走っていくと、やっぱりでした!!
ああー、時間があれば2-3日見学していたいのになー、残念、記念撮影だけだー、、、

IMG_3861
(意外にもルーブル観光に来ている人たちに、折畳む5LINKSが受けています。「エクセレント」って声が聞こえまっす!嬉しいですね・・・この美術館に飾ってくれないかしら・・・)

川を挟んでいろいろな建築物が見られます
IMG_3867
(アンヴァリッド広場とサン・ルイ・デ ザンヴァリッド教会 エッフェル塔も近いぞ)

エッフェル塔だー

IMG_20161005_154227

IMG_3873
(やっぱりエッフェル塔のほうが高いなー)

IMG_3897
(ドンドン近づいていくと、ドンドン大きくなっていくー)

IMG_3913
(エレベーターの上がり方カッコいー、登りたいなー)

IMG_3916
(古い建物なので、スカイツリーや東京タワーよりずっと「風格」がありますなー)

IMG_3919
(スカイツリーの直下には自転車レーンないしなー)

最終目的地として、「凱旋門」に向かってみることにしました。

「すべての道はパリへ通ず」ではなかったですか。。。ついに凱旋門に到達。

IMG_3921

さ、引き返すか、と走り出した道は、広い石畳の道。
のどが渇いたので何か飲み物買おうと、「コンビニないかな?」と見回したのですが、あるのは高級ブランドブティックとカフェばかり・・
この道、有名な「シャンゼリゼ通り」でした。
予備知識なく適当に走り始めたのですが、もう少し下調べしておけばよかった・・・

IMG_3939
(シャンゼリゼ通り激走、道が石畳だと結構突き上げがきついです。)

緑が多くなってきて、コンコルド広場の前に、売店があったので、ちょっと一服・トイレ休憩

IMG_3940
(コンコルド広場:Place de Concorde 近く)

IMG_3947
(パリはもう秋、晩秋という感じです)

IMG_3951
(ちょっと一服・うろうろと走りすぎて、さすがに疲れました)

IMG_3955
(トイレは有料でした。トイレの中に集金人の女性がいました!ちょっとびっくりしました。0,8€ 男女の区別がないです)

シャンゼリゼ通りも含め、幹線道路は帰宅時間帯か交通は激しく、パリっ子の運転も結構乱暴です。
自転車レーンになっていてもすかさずバイク・スクーターなどが割り込んできます。

IMG_3967
(オペラ広場:Palasis Garnier 道が混んでいます)

IMG_3964
(なるべく、裏路地・小道を走るようにしました)

IMG_3972
(ようやく18区の運河のところまで帰ってきました。運河のエレベーター?)

IMG_3974
(一度来た道は、心配することなく快適ですね)

IMG_4008

ようやくホテルまで帰ってきました。
30kmは走ったでしょうか。ほどよい疲労感でした。

No Comment

Read More >>

IMG_20161005_120333

実は、AUTONOMY設営の日 5日(水曜日)昼に、5LINKSでホテルから会場偵察に行った際、、あまりに会場の設営状況がのんびりしているので、とりあえず、パリ市内の観光でもしようかということで、2台持ち込んだ165・161で公園に中をあてもなく走り出しました。

IMG_20161005_115521
(パリ交響楽団音楽堂 Philharmonie de Paris)

会場のGrande halle de la villeteの北側に回ると、運河にあたりました。
美しい景色で、観光船の船着き場らしいです。

IMG_3765
(会場北の運河)

お昼でおなかもすいてきたので、とりあえずエッフェル塔の方向に向かい、途中で昼食をとることとしました。
スマホのGoogle map は便利なアプリで、目的地を入れると、自転車のコースと所要時間をすぐに表示してくれます。
これを頼りに、あとは勘で走ることとしました。

paris map1
(概略はこんなルートとなりました:帰国後作成、時間はもっとかかりました・!)

IMG_3794

運河沿いには対面通行の自転車レーンがありとても走りやすいです。
少し走る毎に、カフェやスーパー、お店がぽつぽつとありいい雰囲気です。
比較的すぐに、オープンカフェがあったので、ランチとしました。

IMG_20161005_131256 1

IMG_3800
(ハンバーガーでかい・・ポテトいっぱいなのにコーヒーは小さい・・臭いで犬が寄ってきた・!)

腹ごしらえも終わり、気持ちいい風を感じながらポタリング、木漏れ日も気持ちいいです。
街角はいかにも「パリ」という感じでかっこいいです

IMG_3811

IMG_20161005_135256

途中、スーパーマーケット(coop)に寄り、ホテルで使うアメニティを購入しました。駐輪中の自転車には、みんなしっかりと鍵をかけています。

IMG_3817
(coop)

IMG_20161005_140736
北駅(Gare du Nord)の近くまで来ました。

そこで、自転車屋を見つけ、鍵を購入しました。小さくて、修理を主にやっている自転車屋という感じでした。
パリの自転車は日本に比べ一般車などの価格が高いようです(5-7万円位か?)。皆さん、古い自転車を大切に使うわけですね。いい文化だと思います。

IMG_3824

IMG_20161005_141543

IMG_20161005_141535

自転車レーンは、中心部に向かうほど、小道では無くなったり、歩道の一部であったり、一般道ではバスレーンと一緒になったり、一方通行では、急に左車線になったりしながらですから、縦横にはあるのですが、土地勘がない人は慣れるまではちょっと気を使います。基本的には右通行です。また、自動車道路はパリ名物の「石畳」であったりしますので、自転車のドライブフィーリングもドンドン変化します。
歩道の乗り上げや、石畳から舗装道への移行など、5LINKSは意外とスムーズで、車体を抱えての移動も楽なので助かりました。これが極小径車であったらつらいだろうなー。

IMG_20161005_143124

たまにスマホのgoogle mapで確認しながら、川沿いの自転車レーンを期待しながら、セーヌ川に向かって適当に進んでいくと、路地にたくさん自転車が止まっていて、広場になっています。
ふと、左手を見上げると、見覚えのある建物です・・・・

IMG_20161005_144314

ポンピドーセンターでした・・・東京では練馬区の大泉に東映の映画撮影所があるのですが、そこに、この建物のデザインをパクったスーパーマーケットがあるのです・・・そんなところで記憶していました・・・

IMG_3839

広場で日向ぼっこしている人がたくさんいます。ホントは中に入ってみたかったのですが、エッフェル塔に向かおうという当初の目標あり、先を急ぐことにしました・・・

以下次号

No Comment

Read More >>