Official Blog

2016.09.08 / BLOG 海外情報(Overseas information) 

シンガポール業者さんからの自転車事情

台風が立て続けに来たり、スッキリしないムシムシとした日が続く東京です。
気候変動の影響でしょう。

IMG_3572

IMG_3571

「百日紅」と書いて「サルスベリ」と読むのだそうです。私は50才にもなって知らなかった・・・
別には「猿滑」という書き方もあるそうで、そっちに統一していただけるとありがたいのですが・・日本語はむつかしい。

通勤路に幾本かが植えてられており、今はちょうど赤や白っぽいチリチリした花を咲かせています。
昨今の、曇りや雨の東京の空に映えます。
幹がツルツルなので「サルスベリ」と容易に認識はできるのですが、、、
中国原産で、夏から秋にかけ比較的長く花をつけるので、かの国でも「百日紅」の名前がついているようです。何事も勉強ですね。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シンガポールの卸業者さんから、雑誌掲載で使われた写真を送ってきました。
私は未だ、シンガポールという国に行ったことがありません(空港で乗り換えした経験だけはありますが・・)。
テレビなどでは、小さな国で、高層のビルが立ち並び、好景気に沸く国。ゴミを街に落とすと罰金とか、マーライオンという噴水は実際に見ると迫力がない、とか、変なイメージが頭に入ってしまっています。
こんなにのどかな処があるのですか・・・

IMG_5276

ホントに美しい写真だと思います。
シンガポールの端っこの方で撮影されたのだそうです。
自分が行ったことのない国で、自分に関係する商品が使われているのは不思議な感覚です。。

IMG_5277

IMG_5278

こんな写真を見ていると、「今度行ってみたいな」と思わず考えてしまいます。

さて、そんなシンガポールの業者さんからの情報です。
この度、シンガポールでの5LINKSの取り扱いをしていただいていますが、やはりそれのは、その地の事情があるようです。
国の面積が比較的狭く、人口密度が高いシンガポールでは、政府は、その国の環境をよりよくするために、また気候変動に対処するために
特に最近、積極的に「環境、経済、社会の側面から持続可能な陸運交通システムを構築する」ことに取り組んでいるらしいのです。
この実現に向け、以下のいろいろな戦略をとっているらしいです。

具体的には、鉄道整備と公共交通機関(バス・MRT等)の利用の推進。
自動車分野では、過度な自動車の使用に対し、所持や利用に課金等で抑制を図る(渋滞の予防)
公害の少ない自動車の推進、カーシェアリングの推進など。
また、歩行と自転車利用の推進を行政として積極的に推し進めているらしいのです。

自転車に関係しては、
自転車利用者のために、2030 年までに国内中に700Km 以上の自転車専用車線ネットワークを完成させる予定。
またMRT の駅には、通勤者が駅まで自転車を利用しやすいように多くの自転車駐輪用のラックを整備。
(2013 年から 2014 年の間に、駐輪用ラック 5800 個が 34 の MRT ステーション/立体交差点に設置)
自転車シェアの試みも始めているようです。

人口と行政規模のコンパクトにまとまっている国では、国の指針として、このような生活の基盤を、いろいろな分野で一体となって行っているようなのです。
この様な背景で、自転車の活用も進められているのです。

一時代前には、自転車等の利用にあまり目を向けていなかった国が、一気に方向を転換させてゆく・・・
うらやましい話です。

No Comment

Post Comment

Message *Required
Name *Required
E-mail *Required
Website