Official Blog

2020.04.29 / BLOG NEWS & RELEASE デザインと開発(Design & develop of products) 告知(Notice) 

「対コロナ自転車通勤仕様」を発売いたします。

IMG_3606

自分なりに深く考えた上で、このほど「5LINKS16 対コロナ自転車通勤仕様」シリーズを販売することに致しました。

私は三月下旬より、自身の通勤中の東京都内の感染リスクを低減する為に、5LINKS 165により自転車通勤(雨天除)開始しました。
パンクの経験も致しましたが、杉並から中央区まで往復40km前後を毎日重ね、この期間だけでもひと月の走行距離は1000kmを優に超えました。

今週月曜、火曜日は、東京地方雨あり、仕方なく電車通勤と致しました。朝晩の井の頭線急行の混雑率は未だ30〜40%。
皆様労働者の風体です。
職場回りに聞けば「基本リモートワークだけど週一回は出勤です」みたいな方々の集団です。
5月連休明けまであと10日、これで都内のコロナは本当に終息するのでしょうか?

東京は「不要不急」ではなく「要・急」の方だけもかなりの人が移動します。
今回の緊急事態を考察すると、今後の都市部でのライフスタイルはどうしても変革される必要があるのではないかとつくづく考えました。

・行動変容、低リスクの自転車通勤

振り返って5LINKS。
今回の自分の体験を通じて、5LINKSの走行性能は、改めて都心への通勤ツールとして十分耐え得るものと確信しました。

しかしパンク、突然の雨天等での対応はどうするか?
最悪、パンクに対応できる備品の装備有れば修理可能で、リンコロバックさえあればテンポラリーに電車バス、または折り畳んでタクシーへ回避する事ができ、その点で一般の自転車より有利です。

私はリュック背負い、帰宅前買い物袋ハンドルに掛け運用しますが、より重く、多くの荷物にはどう対応するか?
2ウェイキャリアを付帯して積載することにより解決できるでしょう。

緊急事態宣言下、身辺の安全と、直近の生活を守らねばならない時期ではありますが、自転車通勤を行うことによって、
ソーシャルディスタンシング以外にも健康維持や交通費等のコストセービングをすることが可能と思います。

5LINKS であれば「低リスクの自転車通勤」を実践できる。
私たちの自転車特性の原点に戻り、さらには、お客様へ手の届き易い様にパッケージを組めないか?そんな考えに至りました。

IMG_3771

IMG_3777

IMG_3774

IMG_3775

5LINKS 167
最近に、microshift外装7段仕様の5LINKS 167を少量輸入致しました。
これに、リンコロバッグ、2ウェイキャリア、予備チューブ1本をつけ
87000円(税込95700円)(カラー:ミルク)の価格の設定としました。

5LINKS 161
シングル仕様にリンコロバッグ、2ウェイキャリア、予備チューブ1本を付け
82000円(税込90200円)(カラー:ミルク)

5LINKS 165
Shimano 内側5段仕様にリンコロバッグ、2ウェイキャリア、予備チューブ1本を付け
109000円(税込119900円)(カラー赤・黒)

IMG_2789

IMG_2781

とします。(4月28日より:ただし現在最新リンコロバッグver 4入荷待ちの為バッグは到着しだい逐次発送予定)

この仕様であれば、後に前照灯、簡単な携帯工具、ポンプさえ入手し、健康体であれば、一般の自転車よりも低いリスク(天候変化や、故障、突発的なアクシデントによる遅刻など)で都市部の通勤環境を構築できるはずです。

健康維持、目下の生活も大変なこの時期とは思いますが、今回の事象を機に、自転車通勤に利用していただき、担がない、簡単に輪行ができる、低リスクの通勤に必要十分の5LINKSを是非ご体験いただき、自転車通勤に対する敷居を是非下げて頂けたらと思います。

在庫数量には限りがございますので、売り切れ御免という事でお願い致します。

IMG_3660

IMG_3669

IMG_3583

IMG_5801

IMG_9043

IMG_8581

IMG_8538

IMG_8808IMG_8804

No Comment

Post Comment

Message *Required
Name *Required
E-mail *Required
Website