Official Blog

Category > BLOG

IMG_5614

IMG_5622

東京の朝の気温は杉並9時で6℃、帰りの21時では4℃。
手袋が無いと自転車通勤は辛くなってきました。

IMG_5569

銀杏並木も落葉で、足元の地面が美しい黄色に。
でも側道寄りに積もるのでスリップ注意です。
青梅街道では、中野区側から銀杏の枝ごと切り落としをしています。銀杏がボウスに、、寒々し。

IMG_5627

IMG_5594

新宿御苑の紅葉も終盤です。

IMG_5616

IMG_5620

IMG_5611

No Comment

Read More >>

IMG_5587

5LINKSをしていて幸せを感じるのは、やはりお客様から感謝された時です。

先日MUSASHI を購入されたお客様。生憎当日私に所用が入り立ち会い出来ませんでした。
その後小売店さんに状況を聞くと、車両引き渡しをしたら、都心のお店から千葉方向へ自走で帰られたとの事。
お客様に不在お詫びのメールをすると、ご丁寧に綺麗な写真と共に感謝の返信をいただきました。
文面内容は割愛しますが、とても幸福な気持ちになりました。

皇居を一周し、東京駅では輪行せずに、そのまま一気に走行、帰宅されたそうです。
ギスギスした世の中、SNSを通じ、悪意のある意見も簡単に飛び交うご時世、大変ありがたいことと存じます。

さて、また頑張りましょう。

No Comment

Read More >>

IMG_5532

ここ例年ブログ、Facebook、Instagramに5LINKS のクリスマスカードを掲載しています。
今まで12月24日前後に掲載していましたが、最近知人より意見をいただきました。
「クリスマスカードって11月末から12月上旬に出すものじゃない?」
知りませんでした、、、

都心の商業地では最近11月末くらいからクリスマスの飾りつけになります。ハロウィン終わったらすぐクリスマスと言う感じ、、昔はもっと遅かったはず、、
単に商魂逞しいと言うだけかと思っていました。。
そんなわけで今年は少し早めに掲載します。
キリスト教信者ではないけれど、、

皆さまには今年も大変お世話になりました。
来年はコロナも収束し、良い年になりますように。

IMG_5493

No Comment

Read More >>

IMG_5466

前にも挙げましたが、MUSASHI/Rはフレームがアルミ合金なので色アルマイト染色が可能です。
しかし、同じアルミ合金でも7000番系は色ノリが難しく、さらに物品がただでさえ大きい上、複数のパイプを溶接で繋げて作るので、素材の熱の入り方や酸化膜のつき方で染色のムラが出やすいのです。
そんな理由で今回の「青」を依頼されたお客様のフレーム染色も苦労しました。

ムラが出たり酸化膜帯が染まらなかったり、、
そのような試行錯誤の中、漸く一本がサンプルと同じ均質な染色で上がりました。(濃い青の写真、色サンプル入り)

IMG_5467

IMG_5442

IMG_5438

IMG_5437

IMG_5436

<瑠璃色:上写真>

このような作業の途中で、偶然にも本来と違う会社の染料を用いた事で異なる青に上がったフレームができました。(薄い青の写真)
IMG_5450

IMG_5453

IMG_5454

IMG_5458

<薄藍色:上写真>

この色はお客様指定の青では無かったので引渡ししませんでしたが、上品な薄い藍色(調べてみると薄藍:うすあい、縹:はなだ、花浅葱:はなあさぎ、に近い艶消しメタリック)で仕上がりました。
車で言うとスバルのストームグレーメタリックに近い色です。

IMG_5465

IMG_5464

怪我の功名、棚からボタ餅、瓢箪から駒、、、
アルマイト 屋さんの方から「脱色しますか」との連絡を受けましたが、あまりに面白い色なので、そのまま商品とすることにいたしました。
500サイズ「薄藍色」とします。注文可能です。
ご興味のある方は是非、!

No Comment

Read More >>

IMG_5385

今年はいろんな事があったけど、日々の雑事に追われた年でした。。
新青梅街道は、杉並区内から鍋屋横丁のところくらいまでは、ずっと銀杏並木です。
青山の絵画館通りの銀杏には敵わないけど、通勤中の目の保養になりました。

31C31E69-CC8D-4E01-A511-7EDAD6F6FB24

皇居の街路樹ももう葉が落ちています。

4D794406-1252-4701-9D28-231B1BBD9939

京橋生まれの方に、戦前は皇居に鶴がいたとの話を聞きました。いまは、沢山の渡鳥のほか大型の鳥は白鳥、白鷺、青鷺が見られます。

IMG_5188

有楽町の夕はイルミネーションが始まりました。
ああ、師走ですね。

No Comment

Read More >>

IMG_5156

辰巳出版から発売のムック本のカタログに5LINKS 161が掲載されました。
1400円(1540円税込)

165.167.169ほかそれらに対応する、対コロナ通勤仕様(荷台、リンコロバッグ、補修用チューブ付きパッケージ)も販売中です。
ご興味のある方は是非、!

でもなんで60歳からなんだろう、、
私今でも楽しいのですが、、、

IMG_5157

No Comment

Read More >>

2020.11.13 / BLOG 

「Is this Seattle ? 」

IMG_4972

「No,this place is Fukushima -Tochigi Japan .!」

福島・栃木 方向へ出張へ、、
素晴らしい紅葉でした。
出張故、GoTo Travel にはなりませんでした、、
スマホ写真ですが、景色をお楽しみください。

IMG_5121

IMG_4922

IMG_4894

IMG_4877

IMG_5059

IMG_4937

97043501-28CC-43A7-B090-6E07AE2E3223

IMG_5007

IMG_4949

IMG_4956

IMG_5068

2078444A-B68F-4C79-BA30-331D1FEBCB57

IMG_4924

IMG_4901

IMG_5099

IMG_5091

IMG_5006

No Comment

Read More >>

IMG_4707

文京区の小売店に部品配達に行った。
急いでいたのでムサシで行く方が早いと思い、そそくさと出かけたら、、
皇居周辺の紅葉に捕まってしまいました。
どこを走っても美しい、、もう少し青空あった方が良かったか、、
余計時間がかかってしまいました、、
今度はもう少し晴れの日に行こう。

IMG_4716

IMG_4718

IMG_4734

IMG_4764

IMG_4795

IMG_4801

IMG_4804

No Comment

Read More >>

IMG_4634

文化の日、珍しく東京の天気、今朝は朝から曇りだな。。通勤日の方が晴天が多く、自転車通勤は気持ち良い。

暇なので何しようかなぁと、社内ノートの確認をはじめたら、、そうだ!自転車通勤どのくらい走ったかしら、、計算してみよう。!
(そうです、私はアナログ人間、サイコンは持っているのにマメな使い方を勉強していないのです。。)

IMG_4616

IMG_4627

1日片道20キロ弱で3月下旬から、、
あ、走行距離5000キロを超えていました、、
横道入れないで、単純計算で5100キロ余、、
コロナの騒ぎが始まってから、7か月余、色んなことあったな。
コロナ危険回避の為の別居してたなー。
パンク一回、輪行も何回かあったな。
雨の日や、酷暑の日はサボって電車使ったつけ。
都内のついでの営業や、お客様試乗車としての出張とか、、
皇居はいつ通過しても絵になるなー

IMG_4612

そうだ、10月末から皇居のお堀には渡り鳥「鴨?」が沢山飛んできて、羽を休ませているのです。
私の自転車通勤の距離どころではない移動をしているのね、あんな小さな体で、、
色んな記憶が走馬灯の様に浮かびます。。

IMG_4630

以外と、タイヤの消耗はありませんでした。いつも6気圧を気にかけていたからか、、ゴーストップが少ないからか、余り歩道に乗り上げないからか、、
小径車乗りのお客様には「空気の減り早い」とか「タイヤの損耗率が高い」などと言われる事多いけどな、、日頃の整備が重要なのね、
気持ち良い季節。自転車通勤は続きます。
休日にてとりとめのないブログとなりました。
(写真は先週の土曜日です)

IMG_4591

IMG_4628

No Comment

Read More >>

IMG_4575

受注を受けております、5LINKS700cMUSASHI/Rのフレーム芯出し工程です。
関東圏のNJSフレームビルダーさんに委託しております。

日本で製造するということはメリットもたくさんあって、距離的に近い場所で作られていることも有利ですが、スマホ時代も相まって、工程の詳細を会話(相互コミュニケーション)であるとか視覚ビジュアルで、その都度確認できやすいということもその一つです。

勉強になることは、MUSASHI/Rではアルマイト仕上げのものと、セラコート塗装仕上げのものがあり、色アルマイトの発色に関しては、アルミ生地にかかる熱すなわちT6熱処理や、溶接がその色の出し方に大きな影響を与えてしまう反面、アルマイト仕上げの方がフレーム溶接後に熱をかけないこともあり、芯出しが容易ということのようです。
熱をかけるアルミの扱いにはいろいろな特性があるようです。

ステップごとに確認をしながら組み上げていきます。

IMG_4576

IMG_4578

No Comment

Read More >>